音楽を創造するアーティストをジャンル化する意味

音楽を創造するアーティストは無数に存在します。世界にまで目を見渡せばもう夜空の星の数ほど存在するでしょう。アーティストと切っても切り離せない関係あるのがジャンルと呼ばれるものです。あの歌手はポップス歌手だ、とか、ロック歌手の某〜、などとメディアなどで報道されることも多くあります。アーティストをジャンル化させることの意味はどこにあるのでしょうか。初めてアーティストを聴く人にとっては分かりやすいナビゲーションになる、という意味があると思います。例えば、ロックが好きな人がいて、メディアでロック歌手の某〜、という報道をみたならば興味を持って聴いてみようと思う可能性が高くなります。もちろんその逆も言えます。ロックが嫌いだからロック歌手の某の曲は聴きたくない、という具合にです。どちらかと言えば、興味を持って聴いてみようと思う人の方が多いと思いますが。

新規にファンを獲得しやすい面もある一方で、私はそのアーティストの可能性を狭めてしまう可能性もあるのではないか、と感じています。無名のインディーズの時代にはハードロックだったり、プログレッシブロックなど意欲的な作品を発表しているアーティストは多いのですが、有名になりロック歌手の某、という具合にジャンル化されてしまうとありきたりなロックな曲しか発表しないような傾向にあるように感じるのです。何でもかんでもジャンルや枠にはめるという方法にも問題があるように私は思います。

おすすめ!

Copyright (C)2017音楽とアーティストをもっと知る、楽しむ.All rights reserved.