音楽のファンになると作曲したアーティストにも興味がわきます。

息子は音楽にそれほど興味も無い性格でしたが、高校の頃クラスの子の薦めで聴いた音楽が気に入り、そのアーティストの曲をギターで習い始めました。興味を示すというのは集中力も自然にアップしてみるみる簡単なギターのメロディーが弾けるようになりました。その後そのアーティストが作曲した曲にはピアノで演奏する部分もあり、ギターと同時にピアノにも興味を持ち出して、こちらも教本を数冊買って一人で独学をしました。その頃、娘はピアノ教室へ通っていましたが、息子の場合は自分でコードもカードに書いて暗記して全て独学でした。

一度、娘の通っている音楽教室の先生が使っているグランドピアノで弾いてみたいというので、一緒に連れて行き先生に頼んで弾かせて貰いました。家にあるピアノと違って流石にグランドピアノの音は素晴らしいです。その先生はチェロも弾き、発表会の時は必ず仲間を呼んで4重奏など弾いてくれて楽しませてくれます。仲間の方々もすべてアーティストで、それぞれ活躍をしいているようでした。先生のように、音楽のある生活をされていて羨ましい気持ちになりました。娘はピアノ教室を止めてしまったので、もうその先生のプロとしての演奏を聴く機会が無くなり残念です。こうやって、ピアノ教室に通った事も無駄にならず、娘は偶に家でピアノを弾いてくれます。息子は今は楽器を演奏する方が覚めていますが、音楽を聴く楽しみは続いていて、その中には私も楽しめる音楽も数多くあります。

おすすめ!

Copyright (C)2017音楽とアーティストをもっと知る、楽しむ.All rights reserved.